2018年の松山市議会にチャレンジ!松波ゆう大【公式】ブログ

2018年の松山市議会に向けてチャレンジ中の、松波 ゆう大です。34歳で千舟町在住。松山市民にも観光客の方にも魅力的な街を目指して活動しています!

情報をもっとオープンに!「何をやるか?」「なぜやるか?」

f:id:matsunami-yudai:20180205144252j:plain

こんにちは。

松山市議会にチャレンジ中の、松波ゆう大です。

先日、イベントや多方面でお世話になっている

やの家の矢野かちこさんがイベントを企画してくださりました。

そして色々な方たちと

サードフロアでミニ集会を開催しました。

本当にありがとうございます

そこで、松山市について色々な意見が出てきたのです。


目次


松山市議会で決まったことが松山市民に伝わっていない現実

f:id:matsunami-yudai:20180205144346j:plain

ミニ集会に参加された方の目線から

「これってなんで?どうして?」

「これをしてほしい!」

「実現できたらいいな!」

市民の色々な課題や夢を教えてくれました。

そこで思ったのです。

政治ができることよりも

意思のある一人ひとりが

思いを持って活動していることが

人を幸せにできたり

思いを届けられるということに。

よく聞く言葉ですが

「どうしてこれをやる前に

 行政は市民に言ってくれなかったのか?」

その声を行政に届けることで

街と人と行政が繋がって

確実に変わることがあります。

松波ゆう大は、そう信じて活動しています。


ミニ集会で上がった松山市の課題

f:id:matsunami-yudai:20180205145009j:plain

話し合いの中で出てきた、松山市の課題をまとめてみました。

・道後と中心市街地が繋がりがない、連携できていない

・道後の情報が市街地にない

・市街地の情報が道後にない

・観光客向けの標識、表示のわかりづらさ

・市街地にコインロッカーが全然ない

・商店街の美観がよくない

・情報発信が弱い、わかりづらい

・チャレンジしたい人が出来る環境、繋がり、窓口がある

・給食の民間委託センター方式から、自校給食へしてほしい

・地域の中のお母さんコミュニティが広がっていない、どこに行けばいいかわからない

・地域の中のお母さんを支えるお父さんもコミュニティがほしい

・ここに行ったら助けてくれるよ、という地区の場所があること

・ゴミを捨てる場所が、地区によってバラバラ、家の前だったりするから申し訳ない

・市政の広報誌、もっと見やすくわかりやすくしてほしい

・倒産ではなく、廃業する店が増えている=次の後継者を、継なぐことを目指す

・ペットの殺処分をゼロに、動物は家族

・市役所の中にイベント課を作ってほしい

・観光客誘致といいながら、英語対応もできていない

f:id:matsunami-yudai:20180205145115j:plain

・まちの賃料が下がらないと、新しいお店が出てこない

・障がいや高齢の方も歩けえる道、環境

 
松山市が良くなる変化

f:id:matsunami-yudai:20180205145028j:plain

将来の松山市が「こうなるといいな」と感じる

未来や夢をたくさん共有できました。

・わかりやすい観光客への対応

・街中にも観光案内所を

・やったことのないことをチャレンジする

・街路樹が美しく、緑の多いまち

・デザイン・クリエイティブのある街

・ロープウェイ街をほろ酔いストリートに

・まちの中に道の駅

・これからの世代が出てくる環境を作る

・地区のゴミステーションや個別収集ボックスがあるとわかりやすく、管理出来るのでは?

・スーパーローカル=インターナショナル!田舎であり地方であるオリジナルを磨くこと

・それぞれが自分の街を好きになること

・松山市民みんなで盆踊りをする


松山市民の声をもっと聞きたいです!

f:id:matsunami-yudai:20180205144532j:plain

今回はミニ集会という小さなイベントでしたが

市民のみなさんが感じていることを

たくさん聞くことができました。

松波ゆう大が政治にチャレンジする目的は

松山がもっと自慢できる街になること

そのために、今よりよくなるには

これから先の未来、どんな街に住みたいか

そのために、まずは今をみんなで知るということ

市民の意見をリアルやネットで

拾い上げること。

色々なご意見をお伝えください!

一緒に松山市を好きな街にしていきましょう。

 

松山市議会にインターネットの声を届けたい!

f:id:matsunami-yudai:20180123172613j:plain

こんにちは。

2018年4月にある松山市議会のことで頭がいっぱいの、松波ゆう大です。

今朝、どんなSNSを使っているか

質問させいただいたところ

たくさんの回答コメントをいただき

ありがとうございました!

私はこのブログ以外に

SNSでも情報発信しています。

松山市民のみなさんが日常的に使っているSNSは

やはり人それぞれ違うことが分かりました。

そこで出来るだけ多くの市民の方が

松波ゆう大の情報発信を受け取ってもらえるように

3種類のSNSも頻繁に更新することにしました。

 

・Facebook

松波 雄大 | Facebook


・Twitter

twitter.com
・Instagram

www.instagram.com

日常的な活動は

SNSでリアルタイムに発信。

ブログではみなさんの松山の「なんで?」を

しっかりと掘り下げて

市民の方とのディスカッションに活かします。

よかったら、あなたの好きなSNSで

松波ゆう大をフォローしてみてくださいね。

 

ソウルフードを食べながら松山市の日々の疑問を考える

f:id:matsunami-yudai:20180123172316j:plain

こんにちは。

今年の松山市議会のチャレンジで空腹の松波ゆう大です。(いつも空腹です笑)

頑張り過ぎてお腹が減ったので

(いつもお腹減ってます!)

松山のあれ、

甘いやつでエネルギーを補給してきました。

そう、中毒性のあるソウルフードと言えばやっぱり・・・?!

アサヒに

f:id:matsunami-yudai:20180123172339j:plain

ことり

f:id:matsunami-yudai:20180123172404j:plain

ですよね。

甘い!熱い!甘い!

この無限ループを繰り返す甘美なうどんを食べながら、

頭の中で、皆さんと話すたびに必ず言われる

松山市の「なんで?」を考えていました。

 

目次


松山で暮らす皆さんが感じる「なんで?」

きっと松山市には、

解決できたらもっと良くなる

アイデアがあるんじゃない?って感じてます。

一人一人の中にこうなったらいいな!があるから

「なんで出来ないの?」

「なんでこうなってるの?」

ってなる訳です。

私はこれから、松山の「なんで?」を皆さんから聞いてみたい。

集めたい!解決できるならしたい!

そう思ってます。

なので、これから皆さんと話せる機会を作ったり

イベントに参加して

皆さんの「松山への質問」を拾い続けていきます。

「できない理由を言うのではなく、できる方法を探す!」

この気持ちをモットーに日々邁進中です。

その疑問をみんなで共有して実現しましょう!

「公約」って難しそうなイメージですが

「公約=みんなで掲げる、松山のこれから」みたいに

即イメージできてわかりやすくしていきます。

公約募集=みんなで松山の未来を話しましょう!ですね♫


お互いを思いやれる「余裕」を松山に

f:id:matsunami-yudai:20180123172433j:plain

うどんを食べて、

「今日も最高でした!美味しかった!」と伝えると

「ありがとうね〜」と笑顔で答えてくれるお姉さん。

何気ない会話ですが、疲れた体と心に優しさが沁みます。

そんな当たり前に思えるやりとりも

心に余裕が無いとできません。

仕事・子育て・地域の問題。

心の余裕を奪っている原因は山積みです!

正直、何から解決していいのかもわからないくらい!

ですが、そんな何気ない笑顔の会話ができる。

そんな松山であってほしいな。

お金なくてもご飯が美味しくて

温泉あったかくて

住んでる人が最高に好きな街、松山へ。

みんなで声あげて行きましょう!

 

松山の公共施設のこれからってどうなる?官民連携の使い方

f:id:matsunami-yudai:20180123171906j:plain

こんにちは。

2018年の松山市議会のチャレンジで毎日大忙しの、松波ゆう大です。

地方都市のこれからについての調べ物をしていたら

こんな記事が飛び込んできました。

 

高知の自然 楽しもう(1) 仁淀ブルー間近に 越知町|高知新聞


美しい大自然のスポットに人気の

アウトドアブランド「snowpeak」が民間参加して、

使い勝手をさらに良くしています。

 


目次


もったいない松山の公共施設


「松山は、遊ぶ場所がない!」と言われますが

足元をみてみると

海と山がごく近くに共存していて

自然を満喫できる地域です。

キャンプ・アウトドアが好きな人には

自然の遊び場に溢れた最高のエリアです。

しかし、せっかくの遊び場も

利用者にしっかり届いているかというと

きちんと「遊び方」「価値」が

伝わっていないと感じています。


松山の公共施設の再活用で広がる魅力作り


私は松山市の持っている公園や公共施設を再活用することで、

松山がもっと魅力的になると確信しています。

しかし恐らく

「公共施設って一部の人の使うもの」

と思っている松山市民は少なくないでしょう。

いっぽうで民間の資金とノウハウやニーズが繋がれば

公共施設の使い勝手や魅力が大きく改善するはずです。


松山市議会を通して公共施設の魅力アップをやらせてください!

f:id:matsunami-yudai:20180123171933j:plain

松波ゆう大は、オンセナートのように

元々地元にあるものと、これからのエッセンスを繋いで

使いやすく、楽しみやすく変化させることが得意です。

オンセナートや東京時代の繋がりやネットワークと

地元で繋がってきたネットワークもあります。

松山市民がより便利で使いたくなるように

公共施設に変化を起こすと、どうなるでしょうか?

地元でも大人気の公共施設になれば

結果的に県内外へ

松山の魅力が伝わりやすくなるでしょう。


松波ゆう大が願うのは、「松山の笑顔」です。

自分の今までの経験を活かしながら

色々な方法で松山が良くなるように全力疾走していきます!

 

イベントを通して政治で松山を変えたいと決めました

f:id:matsunami-yudai:20180122100044j:plain

こんにちは。

松山市議会のことを常に考えてる、松波ゆう大です。

道後温泉のどうごやさんが自主的に始めたアートイベント

「どうごやーと2018」のイベントにお邪魔しました。

このイベントを主催で企画する清水久嗣さんは

観光にも地元にも楽しみを作ってくださる宿のオーナーさん。

自分と同じように楽しいが増えて欲しいと

強く願っている方です。

ぜひ!一度行って、おもてなしを体験してください♫

イベントではライブペイントの前を走り回る子供たちがいて

関係の無いはずの人も子供が繋いでくれます。

f:id:matsunami-yudai:20180122095240j:plain

イベントは政治や思想を超えて

誰かと誰かがつながり、許し合う

ハッピーな思いが詰まってる場所だといつも感じています。


しかし松山への複雑な思いが

みなさんの口から出て来るのも事実。

道後や街中の託児所の少なさ

お迎えの時間が1時間でも延長されたら…

生活に密着している部分が少しでも改善すれば…

笑顔が増えて、こんな楽しい音楽やアート、美味しい食事や会話を

心から楽しめる人が増えると思うのです。

オール松山のみんなが、

心からイベントを楽しめるよう

まずは毎日痛感している

「これが変われば生活が快適になる」を知ること。

みんなの、「これが変われば!」を教えてください!


そんな思いを強く抱きながら

今も松山市議会へのチャレンジに奔走中♫

松波ゆう大でした。